Snapseed

Favorite bakery
Bakery

Bread
Breads from the bakery

Apricot rose tea with soy milk
Apricot rose tea

Spicy hot udon
Spicy hot udon

Kasutera and hoji tea
Kasutera and hoji tea

Last piece
Strawberry tart

Osenbei with crystal sugar
Osenbei with crystal sugar and ume sprinkles

Obento
Obento


Snapseed

Lightroom mobileに続いてSnapseed。これも使い慣れると面白い。どちらも仕上がりがダントツでキレイ、やり直しが簡単、RAW画像にも対応、解像度を保って保存出来る。Lightroomと大きく違う所は画像をストックしておくことが出来ない、アプリ内蔵カメラが付いていない、保存時に画像サイズと画質のレベルを選べる事。

Snapseedの気に入っている点は、操作がシンプルで分かりやすい、画像にテキストを入れる事が出来る、シミ除去の機能がある、レンズぼかしの機能がある。このレンズぼかしをうまいこと使ったらちょっと、“一眼レフで撮りました”風を装う事が出来ますね。驚くのはシミ除去ツール。写真上に映り込んでしまった要らないものを魔法のように消し去ってくれると言うまさにマジックツール。

これらの機能はLightroom mobileには搭載されていなくてもうひとつのAdobeアプリ、Photoshop Fixには修復と焦点ぼかしと言う似たような機能があるようですね。その点ではSnapseedの方がこれひとつで遊べるかな。

この他にはフィルターの種類が豊富、トーンカーブのパターンがいくつか用意されている。さらに、まったく使わないけど顔の強調修正機能なんて言うのもあって、画像の加工遊びを楽しむならかなり優秀なアプリです。SnapseedもLightroom mobileも使わないともったいない。

Advertisements

ウォーターカラー(風) 札幌みやげ編

watercolor 2016-09-01-0800

watercolor 2016-08-31-1445

watercolor 2016-08-31-1415

watercolor 2016-08-30-2017

watercolor 2016-08-29-1604

watercolor 2016-08-27-1729

Treats from Sapporo

アニバーサリーのチョコレートケーキ、マドレーヌ、くまちゃんダコワース。ポールのパン。

Anniversary’s chocolate cake, madelaine and bear dacquoise. Paul’s bread.

ウォーターカラー(風) ラッキーピエロ編

watercolor 2013-08-27-1219

watercolor 2013-08-27-1219_02

watercolor 2013-08-27-1220

watercolor 2013-08-27-1222

watercolor 2013-08-27-1234

watercolor 2013-08-27-1243

watercolor 2013-08-27-1243_02

watercolor 2013-08-27-1244

watercolor 2016-07-30-1844

watercolor 2016-07-30-1844

Lucky Pierrot

ラッキーピエロ。もともとは小さなファストフード店から始まったこのお店。昔Grayのメンバーが紹介したこともあって特に観光客の間で人気になり着々と店舗数を増やしています。ここ峠下店はもはやファストフード店とは言えない立派なファミリーレストランですね。おしゃれなレストランやカフェとは違ってずっと気軽に行けるのが私たちにとっては魅力の一つです。

This is a hamburger restaurant, famous and popular with tourists where you can have B-kyu gurume/gourmet (second grade foods – not so elaborate or expensive but good) besides many sorts of hamburgers, such as omurice, curry, hamburger steaks, okonomiyaki, yakisoba, pizza, spaghetti, desserts, etc. Our favorites are shrimp omrice and rakipote (a cup of fried potato with gravy and cheese white sauce – I think it’s originated from poutine), we always order them. The whole restaurant is birdwatching-themed so you can see bird pictures and figures everywhere in it. It’s so much fun to look around, though, I don’t know why the merry-go-round has something to do with birdwatching, lol. My pictures are messed up and hard to see, but the actual restaurant is very entertaining and their food is also good.

ウォーターカラー(風)

watercolor 2015-08-22-1530

watercolor 2015-08-22-1530

watercolor 2015-08-22-1532

watercolor 2015-09-13-1628

watercolor 2015-09-13-1629

watercolor 2015-09-27-1145

Mock Watercolor Painting

Olympus image share。もともとはFlashAirを使うために導入したアプリですがこのフィルターがなかなか良い。スマホで撮ったどうでもいいような写真もウォーターカラーフィルターを使えばほら、なかなかかわいい画像に生まれ変わりました。

I found a way to rescue my smartphone photos before throwing them away. I can’t stand those boring smartphone shots of mine after all, which is why I don’t get addicted at all to Instagram. But now I have a reason to still use my phone camera. Aren’t these pictures kind of cute? So that’s why. I used Olympus image share app for the watercolor style. For some reason, smartphone photos match the cartoony feel of the watercolor filter.

イカの塩辛

shiokara

Shiokara

イカの一番おいしい食べ方はイカ刺しでもいかめしでもなく塩辛です。と宣言したくなるほど手作りの塩辛はおいしい。一度食べたら市販のものは食べられなくなります。

Believe it or not, nothing beats a steaming bowl of rice with homemade shiokara.

黒豆のしわの考察

kuromame 2

Kuromame

お正月の黒豆についていくつか考えた事を次回の為にまとめておきましょう。

黒豆煮 材料 (作りやすい分量)

・黒豆 200g (さっと洗っておく)
・砂糖 100g (豆の半分、甘さ控え目) ~ 150g
・熱湯 4cup (豆の4倍)
・しょうゆ 大さじ1
・鉄 (釘数本、又は鉄玉子など)

1. 鍋に材料を全て入れ一晩浸す。
2. 翌日、ふたをしたままとろ火で柔らかくなるまで煮る。(数時間)
途中、豆が煮汁から顔を出しそうになったら水を少し足して常に煮汁に浸っている状態をキープする。
アクを取る必要は無い。

黒豆、色々な煮方があると思いますがしわの寄った黒豆さんを見るとちょっと残念な気持ちになりますね。私もいつだったか作り方を忘れて適当に煮たら見事にしわが入った事がありました。

しわしわのお豆を眺めながらなんでだろうと考えた結果、分かった事は浸透圧のせいだろうと言う事。

せっかく水分を吸ってふっくらしたお豆に大量の砂糖を加えたら水分が奪われてしわしわになるのは当然。

そこで初めから調味料と一緒に浸水させれば途中で脱水する事無くふっくらとツヤピカに煮上がると言うわけ。こうすれば砂糖を数回に分けて加える必要も無い。

そして、アクを丁寧にすくうと言うレシピも多いけれど黒豆は大豆の仲間だからアクはほとんど無いと考えるとアク取りも必要無いのね。実際食べてみると全く気にならない。さらに言うと煮汁に溶け込んだえぐ味や渋味が表面のアクを取り除くだけで解消されるとは考えにくいかな。

鉄について
黒豆の、黒ダイヤのような真っ黒な色合いが好きで鉄(私は100均で買った料理用の鉄のわっかを使用)は必ず使うようにしています。使わなくてもいいけれど黒豆のアントシアニンが鉄分に反応して黒くなるので鉄分が入らないとちょっとまの抜けた黒茶色に仕上がります。鉄鍋で煮る場合は必要無いですね。

重曹について
重曹を使うレシピも有りますが重曹はアルカリなので渋味が残る可能性があるので私は入れません。

以上が今年も黒豆を作ってみて考えた事でした。(なんせ一年に一回しか作らないから毎回忘れてしまうのです。)

簡単だししょうゆ

dashi shoyu 2

dashi shoyu 1

Easy Dashi Shoyu

だししょうゆさえあれば簡単に味が決まる。お惣菜や丼物のだし代わりに、ポン酢やドレッシングのベースに。

材料をビンに詰めて冷蔵庫に入れて置くだけ。削り節は下に沈むので濾す必要もない。最後に残った節は和え物やおむすびに。手作りおだしはしみじみおいしい幸せな味。

・しょうゆ 2cup
・混合節 20g
・こんぶ 10g

・2 cups (400cc) shoyu
・20 grams kongo-bushi (mix of some kinds of fish flakes)
・10 grams kombu

In a jar, put all ingredients together, and store in the fridge. You can use it after letting it sit for about a day. It will last a good month.

インスタグラム

ankake yakisoba

cake for birthday

obento

obento

Instagram Photos

インスタグラムも加工アイテムが揃っていて使いやすい。欠点としては投稿しないとスマホに編集済み画像が保存されない事、インスタグラムで編集すると画像サイズが長辺4096pxに縮小される事。(投稿上のサイズは短辺640px、今後1080pxに変更されるようです。)と言っても4096pxと言うと通常サイズでプリントアウトしたりウェブ上で投稿したりするには大き過ぎるくらいなので縮小されても何の問題もないんだけど。問題は縦長の画像のみアスペクト比4:5に切られてしまう事。縦長の写真を投稿したらなーんか縮まってる、と思ったらこれが理由でした。まあ、元々インスタグラムは正方形スタイルだったのでわがままは言いません。

写真加工用ツールとして使うにはちょこっと難あり、と言うよりそれなら他にも便利なアプリが色々あるのでインスタグラムは純粋にスマホで投稿してスマホで見て楽しむ、というのが吉のようですね。